代表挨拶

代表取締役社長 真田 茂人

プロフィール

早稲田大学卒業後、株式会社リクルート、外資系金融会社、人材サービス会社設立を経て、株式会社レアリゼを設立。個人の意識変革を起点とした組織開発を強みとし、日本を代表する企業、医療機関、学校、行政機関、官公庁など幅広い分野において、多数の講演、研修・コンサルティング導入など実績がある。また、サーバントリーダーシップの普及を通じ、グローバルや地方創生など様々な分野でのリーダーの育成などに力を入れている。

「世の中を良くする原動力になる」
私が30歳の時に作った人生理念です。
もちろん、そんな大それたことが出来る力も自信もなかったのですが、もしそういう役割が少しでも果たせたら、どんなに幸せだろうか。
それなら、死ぬ時に満足して死ねるだろうと思ったのです。

そんな妄想に捉われた理由は、当時の私が以下の矛盾を強く感じていたからです。
1. 人は誰しも幸せになりたいと願いながら、なぜ効果の無い不合理な行動をするのか
2. 人はなぜ、他者の意向を無視したり、自分本位な行動をしてしまうのか
3. 企業はなぜ、短期的な利益ばかり追って、墓穴を掘ってしまうのか

様々な出来事を経験したり、残念な事件を見るにつけ、それは義憤のようなものになっていました。行動せずにいられなかったのです。
心理学、社会学、組織論、歴史、システム思考・・・様々な学びを積み重ねることで、これらの真因を知り、解決策を見つけることが出来るようになりました。

レアリゼが「人と組織と社会を幸せにする」という大きなミッションを掲げているのは、世の中の矛盾を解決し、すべての人が幸せに暮らせる世の中にするためです。
残念ながら、今後の日本社会はさらに厳しい状態になることが予想されます。
しかし、今後の世代のためにも、手をこまねいている訳にはいきません。
私たちが出来る方法で、「人と組織と社会を幸せに」して、日本社会の力になりたいのです。

代表取締役社長真田 茂人

真田のコラム