真田コラム

『聞いてません』は、もう止めよう(2015年4月14日ニュースレター掲載分)

「聞いてません」「教えてもらってません」と文句を言う人がいます。
もちろん、仕事を依頼する側・指導する側は、
目的や方法など全体像を説明する必要があります。

しかし、依頼される側・指導される側が
「聞いてません」「教えてもらってません」と文句を言うのは、
「私は依存人間です」と宣言しているのと同じです。
「聞いてない」「教えてもらってない」のならば、訊けばいいだけです。
文句を言う人は、自分では「知る」ための行動をしていないことが多いのです。

そもそも、「自分が知りたいこと」を「知りたい」ように
説明してくれる人など、この世にいません。
人はそれぞれ立場も違えば、能力・知識・経験・感性など違います。
見えている世界が違うのです。
違う人間同士が過不足なく伝えたり、
相手の理解に合わせて的確に伝えることは不可能です。
ですから「知りたいこと」を知るには、
自分から行動を起こして行くしかありません。

しかし、その時にただ漠然と質問するのはお勧めしません。
これでは「自分は考える能力が無い人間です」と宣言しているのと同じです。
必要なことは、「自分で仮説を立てる」ことです。
分からないことが多くても、「おそらく・・・・じゃないだろうか」
と考えることが必要です。

もし、「目的が分かりません。これって何のためにやるんですか?!」
と上司に食ってかかると、あなたは「能力が無い」と思われてしまいます。
「私はこう考えたのですが、ズレてないでしょうか?」
とまず自分で仮説を立てることです。
しかし、仮説のまま突き進むと、大勘違いということもあります。
必ず質問し確認することが必要です。

大切なことは、相手の説明に期待するのではなく、
自分で「仮説を立て」て、行動することです。

 

 

更新日: 2015年 04月 15日

コラム一覧へ