セミナー・講演

~多様なメンバーを同志にするリーダーシップ技術~
「パブリック・ナラティブ」紹介セミナー

日程 2016年9月7日(水) 申込む

開催時間 15:00~17:30(受付 14:45 ~)
会場 レアリゼアカデミー
住所 東京都港区三田1-2-22 東洋ビル6F
アクセスマップはこちらから
アクセス
  • 東京メトロ南北線 「麻布十番駅」3番出口より徒歩約5分
  • 都営大江戸線 「麻布十番駅」6番出口より徒歩6分
  • 都営大江戸線 「赤羽橋駅」赤羽橋口より徒歩約6分
※印刷用地図と駅からのアクセス方法はこちら
対象者 自社・自組織で研修実施をご検討中の経営者、経営幹部、人事および事業部の教育部門担当者
(※プログラムの構成上、同業者および個人の学習目的の方のご参加は
  ご遠慮いただいております)
参加費 1,000
定員
講師 鎌田 華乃子 氏
 NPO法人コミュニティ・オーガナイジング・ジャパン代表理事
 慶應大学グローバルセキュリティ研究所 客員研究員

 

現代のリーダーには多様なメンバーの心をつかみコミットを引き出すスキルが求められます。これは権限や命令では実現出来ません。ヒエラルキーがなく権限のない市民活動の中で磨かれてきたリーダーシップスキルがパブリックナラティブです。

パブリック・ナラティブは、ハーバード大学でリーダーシップを教えるマーシャル・ガンツ博士により提唱された造語です。「公の場で語る物語」を意味しています。「なぜ自分が行動をしているのか」、「なぜ他者が行動を起こせるように導こうとしているのか」、「なぜ今行動すべきなのか」といった質問を自身に問いかけ語ることで、メンバーが同志として共に行動しようと促すリーダーシップ力をつけることを目的としています

 

名称未設定-1

※パブリック・ナラティブは米国、中東、ヨーロッパ、南米、アジアの大学・大学院、NPO/NGOのリーダー教育、国連開発計画のプログラムで等で広く教えられ、日本では内閣府主催のリーダー研修や若手中堅ビジネスリーダー向け研修として取り入れられています。

古来より人はストーリーを語ることでそれを成し遂げてきました。パブリック・ナラティブは「ロジックや戦略」といった「頭」と「これは大事だ」と思う「心」の両方を語るため、人を行動に駆り立てるよう促すことができます。

パブリック・ナラティブは、価値観(自分の行動の軸)と、人を行動に促す感情の資源をつなげる技術です。自分の使命組織・チームの使命に結び付けて、聞き手を行動に促すことができます。リーダーが価値観を他者に伝え、共有する価値組織・チーム経験し、その価値に対する困難に立ち向かうように鼓舞することが出来ます。
——————————————————————————————————————————————————

【プログラム内容】

1.強制力が効かない環境でリーダーに求められるもの
2.パブリック・ナラティブとは何か
3.ストーリー・オブ・セルフの演習

——————————————————————————————————————————————————
鎌田さん写真 トリミング2
【講師】NPO法人コミュニティ・オーガナイジング・ジャパン代表理事 鎌田 華乃子 氏

外資系商社、外資系環境コンサルティング会社を経て、ハーバード大学ケネディスクールに留学し行政学修士のプログラムを修了。卒業後ニューヨークにあるコミュニティ・オーガナイジング(CO)を実践する地域組織にて市民参加の様々な形を現場で学んだ後に帰国。コミュニティ・オーガナイジング・ジャパンを設立し、ワークショップやコーチングを通じて、COの実践を広める活動を全国で行っている。慶應大学グローバルセキュリティ研究所 客員研究員

 

お問い合わせ

株式会社レアリゼ セミナー運営事務局

TEL : 03-6722-6677 / FAX : 03-6722-6688
E-mail:jimukyoku@realiser.co.jp