サーバントリーダーシップとは

サーバントリーダーシップについて

サーバントリーダーシップは「リーダーである人は、まず相手に奉仕し、その後導くものである」というリーダーシップの実践哲学です。

ロバート・K・グリーンリーフ氏が提唱したこの考え方はスティーブン・コヴィー、ピーター・センゲなどの賢人から称賛され、ピーター・ドラッカーは彼を”私が出逢った中で最も賢い人“と評しました。

ロバート・K・グリーンリーフとは

ロバート・K・グリーンリーフ

米国:1904~1990。アメリカAT&Tにてマネジメントセンター長として活躍。在職中にマサチューセッツ工科大学やハーバード・ビジネス・スクールでも客員講義を行い、またダートマス大学やヴァージニア大学で教鞭をとりました。退職後、教育コンサルタントとして第2の人生を歩み始め、応用倫理研究センターを1964年に創設。 リーダーシップ研究の中で彼は“サーバント・リーダー”という言葉を生み出し、66歳の1970年には“リーダーとしてのサーバント”というタイトルでエッセイを発表し、米国におけるサーバント・リーダーシップの認知度を上げ、1990年に亡くなるまで執筆活動を続けた。

米国から世界への広がり

アメリカでは、サウスウエスト航空、スターバックスなど様々な企業で普及。病院、警察などの行政機関など、様々な組織で導入されています。いくつの大学、大学院でも講座が開かれています。 オランダ、イギリスをはじめとするヨーロッパ、シンガポール、オーストラリア、ハワイ、韓国など世界の様々な国で普及が進んでいます。

日本でなぜ近年、サーバントリーダーシップが注目されてきたか

サーバントリーダーシップ自体は、聖書や中国の古典の中でも語られている考え方であり、古来からある本質的なものです。しかし、近年の急激な環境変化により、日本でも注目されるようになってきました。

    • 世の中の成熟化にともない、働く人の価値観が急激に変わってきました。

      働くことの価値観の変化
    • グローバル化、ネット化などで、ビジネスのあり方が大きく変わり、それに伴い組織のあり方、 マネジメントのあり方も大きな変化が求められています。

      組織運営やマネジメントの変化

サーバントリーダーシップは表面的なテクニックやスキルではありません。それらがPCにおけるアプリケーションだとすると、サーバントリーダーシップはOSにあたるものです。 グリーンリーフは、マニュアル的な手法やメソッドは残していませんが、多くの研究者がグリーンリーフの言葉から、読み取ったことを整理しています。

グリーンリーフセンターの元所長であったラリー・スピアーズがまとめた「サーバントリーダーの10の属性」は有名なものです。 以下はそれを参考にした「サーバントリーダーシップ10の特徴」です。

サーバントリーダーシップは手法にあらず

サーバントリーダーシップ10の特徴