ASBSプログラムの特徴

  1. HOME
  2. ASBSプログラムの特徴

ASBSは、次期経営陣を期待される40代中心のビジネスリーダーが、経営陣に相応しいリーダーに成長することを目的としています。

ASBSプログラム全体の流れ

プログラムの特徴

Point.1

究極の他流試合

同質な集団で群れていては、一皮むける成長は出来ません。越境学習による他流試合が必要です。
ASBSは様々な分野の日本を代表する第一人者の講師陣、多種多様な業界の受講者と議論と対話を繰り返します。

Point.2

問題解決より、問題発見

MBAは問題解決力を強化することに力点が置かれていますが、ASBSは問題発見能力の強化を目的としています。何故なら、VUCA時代の経営リーダーに必要なことは「どう解決するか」よりも「何を解決するのか」問題発見だからです。
問題解決はスタッフや部下に任せることが出来ますが、問題発見つまりイシューの設定こそがリーダーの仕事だからです。
問題発見には、正しい現状把握とビジョンの設定が不可欠です。

Point.3

「哲学・歴史」×「テクノロジー」×「社会課題」

議論と対話のテーマは、「哲学・歴史」×「テクノロジー」×「社会課題」

3つの領域からテーマを設定

各領域の第一人者が講師として登壇します。

哲学・歴史
【哲学・思想・宗教】ポストモダン、構造主義、現象学、実在論、
アフォーダンス、複雑系
【歴史】日本、東洋、中東、世界
【文化・芸術】文学、美術、音楽 など
テクノロジー
【人間理解】進化論、脳科学、生命科学、免疫、ウイルス
【データサイエンス・ICT】社会情報学
【AI・ロボティクス】【レーザー】【新素材】【半導体】【宇宙・天文】 
など
社会課題
【社会生活の変化】withコロナ、感染症対策、高齢化、少子化、格差、人権、ワークライフバランス、利便性追求、監視社会、フェイク
【文明の衝突】原理主義、国家とは、平和維持、地政学的リスク
【環境問題】温暖化、カーボン・ニュートラル、環境汚染、資源問題、ロハス
【科学主義の未来と限界】シンギュラリティ、ネット社会、フィルターバブル、仮想空間、バイオテクノロジー
【イデオロギーの未来と限界】 民主主義の未来
【資本主義の限界】 金融資本主義、消費社会、ポスト資本主義
【グローバリズム】フラット化、ブロック化
【ダイバーシティー】LGBTQ、移民問題
【組織開発の課題】組織のあり方・SDGS、イノベーション志向・well-being など

これは知識や教養を得るためではありません。大学の講義のようにバラバラに独立した講座ではなく、全ての講座が「リアリスト」「ビジョナリー」「サーバント」の3つの能力を磨くために、有機的に繋がっています。

古典をじっくり学ぶことも大切ですが、激動の時代にあっては、現在世の中で起きていること、将来起き得ることを題材に議論することも重要だと考えており、そういうテーマも多く設定しています。

Point.4

オンラインとリアルのハイフレックス型講座

オンラインとリアルのハイフレックス型講座なので、自分の都合に合わせて、オンラインでもリアルでも講座が受けられます。
海外や地方勤務の方も安心して受講できます。
海外や地方在住の一流の専門家も登壇します。

Point.5

志を共にする生涯の人脈

  • ●多様性に溢れ、志の高い受講者同士が、とことん議論や対話をすることで、深い人脈を形成できます。
  • ●アルムナイ制度。卒業後も、ASBS主催の勉強会や懇親会に参加し継続して交流を深めることが出来ます。また期を超えた受講者との交流も出来ます。