代表挨拶

代表挨拶

「世の中を良くする原動力になる」私が30歳の時に作った人生理念です。
この理念を実現するために「人と組織と社会を幸せにする」ことをミッションとしたレアリゼを設立しました。

今、日本も世界も大転換期を迎えています。
日本においては競争力の低下が激しく、明るい未来の展望を描くことが難しくなっています。
世界においては、資本主義の限界が語られ、また地球資源の有限性や環境の問題を考えると、根本的な成長のあり方を見直す時期に入ってきています。
これらの問題も、【人】−【組織】−【社会】のシステム全体で起きていることです。

レアリゼはこの日本と世界の難題に微力ながら、貢献しようと決意しています。
【人】−【組織】−【社会】のシステム全体を良くするには、ちょうど中間に位置している「組織」からアプローチすることが最も効果的で現実的です。
「組織」は「社会」という生態系の中の一員であり、また構成員である「人」もその一員と考えることができます。「組織」自体も生態系の中で生きる生命体のような存在とみることができます。お互いに密接で不可分な相互依存関係なのです。

「組織」は自らが生息する生態系たる「社会」に貢献する必要があります。構成員である「人」を大切にする必要があります。「組織」はそういった健康的な方法でしか継続的に繁栄できないのです。

「利益を出すこと」は「会社を経営する目的」ではなく、あくまで手段であり必要条件ではないのでしょうか。私は「ミッション(存在目的)を実現して【人】−【組織】−【社会】のシステム全体に貢献すること」こそが生態系の中で生きる会社の目的であると考えています。

相互依存関係である私たちひとり一人、組織一つ一つがそういった自覚を持って生きることが今、求められています。
私たちレアリゼはより良い【人】−【組織】−【社会】のシステム全体を創ることに貢献していきたいと思います。

代表取締役社長 真田茂人