《初開催!》~自己表現・非言語表現の日本の第一人者 佐藤綾子が教える~
「テレワーク・リモート・オンライン時代の管理職のための非言語コミュニケーション術・公開講座」

  • オンライン
  • コミュニケーション
  • 管理職
日時 2020年7月2日(木)
開催時間 13:00〜16:30(受付 12:30〜)
受付終了

テレワーク・リモートでの働き方が余儀なくされて、オンラインでのマネジメントが欠かせなくなりました。
「オンラインでは、自分の言ったことが部下に伝わっているか分からない」
「オンラインでは、部下が何を考えているのか、分からない」
「オンラインで、どう部下をマネジメントすれば良いのか」
模索されていると思います。

PC画面を通したオンラインでのコミュニケーションは、リアルな対面コミュニケーションとは明らかいに違いがあります。
あなたは、その違いを活かした、マネジメントが出来ているでしょうか?

今回の講師である佐藤綾子先生は自己表現の大家です。
歴代の首相を始め、54名の国会議員や大企業の経営者やビジネスリーダーに自己表現を指導してきました。
また非言語コミュニケーションの第一人者として、膨大なエビデンスに基づいた指導を行っています。

オンラインでのコミュニケーションにおいては、非言語が重要です。
言葉は言語ですが、声そのものは非言語です。
そしてPC画面で見える情報の大半は顔の表情です。
もちろん、言語と非言語をどう組み合わせるかも重要です。
自分が発信する場合も、相手の本音を読み取る場合もです。

*ここ注目!

テーマがコミュニケーションという日常的ものなので、「全く聞いたことがなかった!」という結論ではありません。
では、「そんなことは全部知ってた」という方は、実際にそれが出来ているのでしょうか?
「知っていること」≠「やっていること」は、全く違うのです。
「知っている」けど、「出来ていなかった」ことを出来るようにするには2つのことが必要です。

①原理・メカニズムを学び、深く腹落ちさせる

ここが分からないと、何故「分かってること」が出来ないのか。何をどう直していいか分かりません。
佐藤先生が、膨大なエビデンスと科学的知見で分かり易く指導してくれます。

②トレーニンングあるのみ

スポーツと一緒で「頭では分かっていること」を、「身体に覚え込ます」必要があります。そのためには実践あるのみです。
この公開講座でも実践の時間を取っています。
でも、自己流のトレーニングでは効果はありません。
何に注目して、どこに意識を向ければいいのか、佐藤先生が開発した「自己表現チェックシート」を使って、フィードバックをしていきます。

【当日の内容】

  1. 1.自己表現と非言語コミュニケーション
  2. 2.オンラインでの活かし方
  3. 3.実習
  4. 4.「オンライン版:自己表現チェックシート」を使ったフィードバック

 


 

◆佐藤綾子プロフィール

博士(Ph.D. パフォーマンス学・心理学専攻)
社団法人パフォーマンス教育協会理事長
株式会社国際パフォーマンス研究所代表取締役
日本大学芸術学部教授を経て、ハリウッド大学院大学教授
【著書】「自分をどう表現するか」「非言語表現の威力」「小泉進次郎の話す力」「トップリーダーに学ぶ人を惹きつける自分の見せ方」始め194冊。累計320万部

会場 オンライン(Zoom)
住所

参加費のお支払い完了後、オンラインミーティングへご招待させていただきます。

対象者

プログラムの構成上、同業者(研修事業を営んでいらっしゃる団体や個人)の方のご参加はご遠慮いただいております。

参加費

29,000円(税別)
お申込み受け付け後、お振込み先などのお支払い方法をご案内いたします。

準備物

カメラ&マイク機能付きのPC及びタブレット・スマートフォン等のインターネットに接続できる端末