社会福祉法人 千葉県福祉援護会

社会福祉法人 千葉県福祉援護会 様にて「職場で活かすサーバントリーダーシップ」講演

  • サーバントリーダ育成
社会福祉法人 千葉県福祉援護会 様にて「職場で活かすサーバントリーダーシップ」講演

2018年11月25日(日)社会福祉法人 千葉県福祉援護会 様にて弊社代表 真田が日本サーバント・リーダーシップ協会 理事長として「職場で活かすサーバントリーダーシップ」をテーマに、講演をいたしました。

社会福祉法人 千葉県福祉援護会様より、「サーバントリーダーシップを学び、今後の職場でのチームづくりにつなげて行きたい」というご依頼を頂き、今回障害者支援施設・特別養護老人ホーム・保育園勤務の管理職を対象に「職場で活かすサーバントリーダーシップ」というテーマで講演をさせていただきました。

講演後、教育事業部 部長 岡本 弘子様に施設の教育方針についてお話をお伺いしました。

————————————————————————

社会福祉法人 千葉県福祉援護会の教育方針は、研修をして資格を取る→利用者様へのサービスが向上する、だけではなく5年前より「ひとりの人間としてどうあるべきか?」という事を大事にしています。

直接利用者様と関わりを持つので、「人として豊かな人生を送ってほしい」、「人として大きく成長して欲しい」という事も教育方針に取り入れ、そのひとつとして男性社員だけが参加できる「男塾」や、女性職員への「女子力UP講座」などの研修会を実施し、人間教育に力を入れています。

また、基本方針のひとつに『お互いに相手を慈しみ、相手のために尽くす「利他の心」を持って全員参加型の経営をめざします。』とありますが、「利他の心」が、まさにサーバントハートそのものだと思います。

福祉=利他の心。

利他の心がなければできないのが、福祉だと思っていますので引き続き人間教育も大切にしていきたいと思います。

————————————————————————

今回受講された、千葉県福祉援護会の皆様が、現場に戻りサーバントリーダーシップを少しでも意識し、実践していただけたら、こんなにうれしいことはありません。

これからも弊社は日本サーバント・リーダーシップ協会との連携の下、社会に貢献できる組織創り、そして活力のある社会創りに少しでもお役に立てるよう、活動を続けてまいります。


関連講演